身近なデータ復旧について

身近なデータ復旧について

物理的に故障したハードディスクからデータ復旧をするには

身近なデータ復旧について
ハードディスクが突然認識しなくなったり、異音がするようになってデータを読み書き出来なくなった場合、中のデータが重要なものであり、なおかつバックアップを取っていないのであれば、データ復旧を試みる必要があります。データ復旧は、ハードディスクに物理的な不具合がなく、ファイル構造にエラーがあるなどの論理的な原因による故障の場合は、復元ソフトを使えば復旧出来る確率が高いです。しかし、物理的な故障の場合は、部品の交換をしてデータ復旧を試みなければなりません。

物理的な故障で多いのが、ヘッド、基盤、軸受けの故障です。ヘッドの場合は、ヘッドの読み取り能力が低下したり、円盤ディスクに吸着するというものがあります。それによって異音が発生することが多いです。基盤の場合は、チップが破損したり熱で焼けてしまうことがあります。また、基盤のどの部分が破損したのか分からないこともしばしばあります。軸受けの場合は、軸がぶれる様になって円盤ディスクもぶれてデータが正常に読み取れなくなるということがあります。さらに、軸受けと軸が焼き付いてしまうこともあります。これら部品の故障が原因の場合は、新しい部品と交換して修理し、中のデータを取り出します。

Copyright (C)2017身近なデータ復旧について.All rights reserved.