身近なデータ復旧について

身近なデータ復旧について

データ復旧とリカバリー

身近なデータ復旧について
よくパソコンがウィルス等で完全にどうしようもなくなった時にリカバリーをしてもらうという選択があります。またその一方でデータ復旧してもらうということもありますが、このリカバリーと復旧は言葉的には似ていますが具体的に何が違うのでしょうか。リカバリーの方はいわゆるパソコンを初期化する行為です。リカバリーで初期化されると、内部のデータは完全に消去され、そのお陰で不具合があっても最初の状態から不具合が何もない状態で利用することができます。そう「完全」に消すのです。なのでパソコンに残っていたデータはなくなり、復元も出来ない状態となります。

一方でデータ復旧の方はデータ自体を別の装置に移します。こちらはデータの読み込みができなくなった際にするものであり、いわゆるリカバリーが消すのなら、こちらはデータを救うと考えて問題がないでしょう。リカバリーは本当にどうしようもなくなった時に、データ復旧はデータの読み込み自体ができなくなったが、まだ何かしらの手段で取り出しができる時に、というような感じです。

Copyright (C)2017身近なデータ復旧について.All rights reserved.