身近なデータ復旧について

身近なデータ復旧について

HDDの故障の原因や、データ復旧に関する対処法

身近なデータ復旧について
HDDはパソコンの部品の中で最も故障しやすい部分であり、その寿命は約5年と言われています。なので、大事なデータは定期的に外部メディア(外付けHDDやCD・DVDメディア、USBメモリ等)にバックアップしなければいけません。

しかしバックアップする前に故障してしまうと、データを復旧する必要が出てきます。このような時は、なんとかしてHDDを修復しなければいけません。ですがHDDは基本的に、100%元通りに修理できる保証がありません。

HDDの故障には、外的障害、内的障害の2種類あります。このうち外的障害に関してはデータの復旧が非常に困難なため、データ復旧の専門業者に依頼する必要があります。業者に依頼すると、費用もデータの容量に比例して増えてしまいますので、本当に必要なデータであるかを今一度見極めてから相談してみて下さい。内的障害の場合は、外的障害の時よりデータが復旧する可能性が高くなります。基本的には、復旧ソフトを使うことによってデータを復旧することが可能です。間違って削除してしまったデータや、フォーマットをした場合でも、市販のソフトで復旧する事が出来ます。しかし、HDDは非常に故障しやすい物なので、繊細に扱って下さい。気が付いた時にはこまめにバックアップを取って、万が一の事態に日頃から備える事が一番です。

Copyright (C)2017身近なデータ復旧について.All rights reserved.